ホーム の中の旅の準備と手続きガイドの中の旅券(パスポート)

旅券(パスポート)


旅券(パスポート)

 

いうまでもなく海外旅行に欠かせないのが旅券(パスポート)<以下「パスポート」といいます。>
世界で通用する「身分証明書」です。年齢に関わらず、一人一冊必要です。


パスポートの申請から受領まで

パスポートを申請するためには次の書類が必要です。

■書類を揃える
1. 一般旅券発給申請書 1通(国外のIC旅券作成機未設置公館で申請する場合は2通)
※申請書はパスポート申請窓口で入手できます。
※申請書は5年有効なパスポート申請用と10年有効なパスポート申請用の2種類に分けられています。
※20歳未満の方は、5年有効なパスポートしか申請できません。
 
2. 戸籍謄(抄)本 1通
※申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。
 
3. 住民票の写し 1通
(住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については、原則不要。国外で申請する場合は不要)
※本籍の記載が必要。
※申請日前6ヶ月以内に作成されたもの。
 
4. 写真 1葉(国外で申請する場合は2葉必要な場合があります)
パスポート用の写真
・縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(薄い色)の写真。
・申請日前6ヶ月以内に撮影されたもの。
・無帽で正面を向いたもので、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど申請書に記載されている規格を満たしていることが必要です。
・写真の裏面には申請者の氏名を記入して下さい。
※ご記入の際は表面にインクがにじまないように、また凸凹が出ないようにご注意下さい。
 
5. 申請者本人に間違いないことを確認できる書類(有効な書類の原本に限ります)
(1)1点で良い書類(一部省略)
        運転免許証、船員手帳、宅地建物取引主任者証など
(2)2点必要な書類
  A. 健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書(手帳)、船員保険年金証書(手帳)、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(登録した印鑑も必要です)等
  B. 次のうち写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

 
7.パスポートを以前に取得された方はそのパスポート
 
8.印鑑が必要な場合があります。
■申請をする
上に掲げられている書類を全部そろえて、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請して下さい。
申請から受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。
【未成年者(20歳未満の未婚者)が申請する場合】
申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は後見人が必ず署名して下さい。
親権者又は後見人が遠隔地に在住し、申請書に署名ができない場合には、親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出して下さい。
その他親権者又は後見人の署名を得ることができない事情がある場合には、都道府県旅券事務所にご相談下さい。
■受領する
パスポートを受け取る時には次のものを持って、本人が必ず交付(申請)窓口にお越し下さい。
 
1. 申請の時に渡された受理票(受領証)
 
2. 手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付して下さい。)
パスポートの種類 都道府県収入証紙 収入印紙
10年間有効なパスポート(20歳以上) 2,000円 14,000円 16,000円
5年間有効なパスポート(12歳以上) 2,000円 9,000円 11,000円
5年間有効なパスポート(12歳未満) 2,000円 4,000円 6,000円※
※12歳未満の方の発給手数料は減額されます。
 
●申請についての詳しい情報は、各都道府県の窓口にてご確認下さい。外務省パスポート窓口一覧表
 
【注意】
国・地域によっては、査証(ビザ)申請時または入国時に必要なパスポートの残存有効期間を設けている場合があります。パスポートの有効期間は十分ご確認ください。
(例:入国時に6ケ月以上のパスポートの残存有効期間が必要な国:インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ等)
 
このページの上部へ

パスポートQ&A

quation   パスポートの残存期間が少なくなってきたのですが、どうすれば良いですか?
 
answer   パスポートの残存有効期間が1年未満になったら、そのパスポートを返納して新たにパスポートの発給を申請することができます。
国によっては、入国する時、又は査証(ビザ)を申請する時に、パスポートに一定以上(3ヶ月から6ヶ月程度の例が多い)の有効期間が残っていることを要求している場合がありますので、1年を切ったら更新手続きをすることをおすすめします。
必要書類は、新規申請の場合と同じですが、戸籍が以前の申請時から記載事項に変更がない場合は戸籍の抄本又は謄本は省略できます。
 
quation   結婚して名前が変わったのですが、何か手続きは必要ですか?
 
answer   パスポートに書いてある事項(姓、本籍など)に変更が生じた場合は、原則的にはそのパスポートを返却し、新規発給申請をする必要があります。
ただし、変更が生じた事項が、姓、名又は本籍の都道府県名であれば訂正申請も可能です。
なお、訂正申請はパスポートの追記ページへの訂正を行うもので、写真の印刷されているページ及びICチップの中の氏名等の情報は、新規発給申請をしない限り変更されません。
また、パスポートのサインは訂正することができませんので、サインも変えたい場合は新規発給申請することが必要です。
 
quation   頻繁に海外に行くため、ビザを取ったり、スタンプを押すスペースが無くなってきたのですが、どうすればいいですか?
 
answer   そのパスポートを返して新たに申請し直すか、査証欄の「増補」をするかのいずれかの方法を採ることができます。査証欄の「増補」は、パスポート1冊につき1回限り申請することができ、手数料は2500円ですが、「増補」をすれば査証欄は40ぺージ追加されます。

 

パスポートの詳しい情報は
外務省 パスポートA to Z